もっと知りたい!Q&A
Q.
キャラクターアニメの活用メリットを教えてください。
A.
キャラクターは社会の中にあって一気に拡散する爆発力と、人々から長く愛される持久力を兼ね備える稀有な存在です。SNSの世界が拡大を続ける中、わかりやすく、親しみやすいかたちでの情報発信、波及効果を狙うなら、またとないツールといえます。
Q.
相談すれば、企画から制作、アップロードまですべてやってもらえますか?
A.
ご相談、ご成約後は企画、制作からアップロードまですべて可能です。
Q.
相談だけでもいいのですか?
A.
もちろんです。まずはお気軽にご相談ください。ご相談内容を確認の上、2営業日以内にご連絡します。
Q.
コンペでの提案も可能ですか?
A.
コンペへの参加も可能です。お気軽にご相談ください。
Q.
すでにキャラクターがある場合、それで動画をつくることは可能ですか?
A.
可能です。
Q.
BGMやナレーションを入れることは可能ですか?
A.
可能です。オリジナルの歌詞をつくり、楽曲をつけることもできます。
Q.
納品のデータ形式は指定できますか?
A.
指定していただくことが可能です。
Q.
ビジネスアニメ以外のことも、手伝ってもらえるのですか?
A.
弊社の業務内容で可能なことは、すべてお手伝いいたします。
Q.
スマホで使うキャラクター動画は頼めますか?
A.
可能です。PRHでは、幾何形体を組み合わせたような単純な形体のものから、パーツが滑らかに接続された局面の多い形体のもの、パーツが多く形状ディテールが複雑なものまで、多種多様なキャラクター動画の制作ができます。
Q.
海外の工場で使う、わかりやすいマニュアルをつくりたいのですが・・・。
A.
グローバル化、IT化が進む中で、海外進出される企業のみなさまから、同様のご相談が増えています。そして、異口同音に言われるのが情報を伝えることの難しさと識字率の問題です。こうした問題を解決してくれるのが、キャラクターやイラストを使ったわかりやすいマニュアルづくりです。
総務省の情報通信白書でも、若年層になるほど「言葉や文字」よりも、「イラストや映像」による伝達のほうが、理解されやすいという結果が出ています。ちなみに「1枚の写真」には、文字情報「100ページ(約9万字)」の書籍と同じ情報伝達力があると言われています。
Q.
自社のイメージキャラクターをつくりたいのですが?
A.
イメージキャラクターの制作は可能です。企業や商品・サービスのイメージ向上のために起用されるイメージキャラクターですが、キャラクター化されるものは人間、動物に限らず、機械、道具、星、昆虫など実に多岐にわたっています。PRHでは、こうしたイメージキャラクターの企画立案から制作、導入まで多様な対応が可能です。
Q.
動画キャラクターに、しゃべらせることはできますか?
A.
可能です。たとえば、社長に似たキャラクター動画をつくり、キャラクターに声を付けることができます。
Q.
キャラクターに英語など外国語をしゃべらせることはできますか?
A.
英語に限らず、多様な言語をしゃべらせることが可能です。ギャル語で商品解説なんて言うのも受けるかもしれません。
Q.
商品に使うオリジナルのイメージキャラクターをつくりたいのですが?
A.
商品の特性、展開ターゲット、販売のタイミング、展開エリア、キャラクターの活用イメージなどをお聞かせください。制作ステップをご説明させていただきます。
米国での調査によると、「動画を視聴した3割強の人は、なんらかのアクションをする」とのことです。親近感があって注目率の高いイメージキャラクターは、多様なビジネスシーンで、ますます必要不可欠なものになってきています。
Q.
自社でつくったキャラクターがあるものの、使い方がよくわからないのですが?
A.
まず、キャラクターが、どんな目的で、いつ作られたのかなどを確認する必要がありそうですが、新たな活用方法をご提案することは可能です。
Q.
キャラクターとホームページの制作を一緒に頼めますか?
A.
キャラクターを活用したホームページ、スマホ、さらには紙媒体での展開のお手伝いも可能です。
ご連絡をいただければ、まずご相談から、しっかりと対応させていただきます。
Q.
自社のキャラクターで商品をつくったのですが、売れなくて困っています。
A.
同様のご相談が多数寄せられます。多くの場合は、販売方法や販路を決めずに商品制作に走ってしまうケースです。こうした場合、在庫をどうやって処分するのか。販路が発見できたとして、商品制作を今後も続けるのか。そのための戦略・戦術はあるのかなど、さまざまな解決しなければならない課題が浮上してきます。ご連絡をいただければ、まずご相談から、しっかりと対応させていただきます。
Q.
キャラクターだけでなく、コミックの相談もできるのですか?
A.
コミックの企画制作も行っています。たとえば、企業・団体の活動や歴史を、ストーリー性の高いビジュアルで、わかりやすく伝えたいときなど、もってこいのツールと言えます。今やコミックは、幼児・子どもはもちろん、働き盛りのビジネスマン、OL、高齢者層にまで、実に幅広い世代に抵抗なく受けていただけるツールとなっています。
Q.
リアルなキャラクターの制作は可能ですか?しかも動画で・・・。
A.
もちろん可能です。たとえば、リアルな社長のキャラクターをつくって、ことあるごとに動画の中に登場していただき、熱弁をふるっていただいてみてはいかがでしょうか。
それから、地域との交流を目指して、担当者の方そっくりのキャラクターをつくったり、ヒトが集まるところに設置したディスプレイに登場する可愛いキャラクターをつくることが可能です。人だけでなく、機械、乗り物、食品などなんでもリアルにつくれます。まずはご相談ください。
Q.
会社案内や商品ガイドをコミックでつくれますか?
A.
会社案内、商品ガイド、操作マニュアルなど、ビジネスに不可欠な各種ツールをコミックでつくることが可能です。コミックは「目にとまる」「一気に読める」「理解しやすい」「刷り込み効果が期待できる」オリジナリティーあふれるツールとして、企業・団体などで盛んに使われるようになってきています。
Q.
キャラクター動画での広告制作は可能ですか?
A.
パソコン、タブレット、スマホ、いずれのツールでも可能です。イベント会場等の大型ディスプレイでの展開ツールも可能です。詳細はTCFにお問い合わせください。 すでに、時間が短い動画広告は「ブランドの認知拡大」に効果があり、時間が長い動画広告は「ブランドの好感度の向上」に効果があることが知られています。
Q.
有名キャラクターで使いたいものがあるのですが?
A.
ご相談ください。PRHでは有名キャラクターを保有するライセンサーとの交渉も行なっています。また、コミックの分野でも大手出版社はもとより、国外のアメリカン・コミック、バンド・デシネとの交渉チャネルを有しています。
Q.
相談するにあたって、整理しておく情報はありますか?
A.
お問い合わせ・ご相談の前に、以下の要件をおまとめいただくと相談がスムーズに運びます。
◆キャラクターをどうなさりたいのですか?
  1. ①TCFで新規にキャラクターをつくりたい
  2. ②使いたいキャラクターの仲介を頼みたい
  3. ③現在のキャラクターのマイナーチェンジを考えている
  4. ④その他(          )
◆キャラクター導入目的は?
  1. ①イメージキャラクター・シンボルとして
  2. ②商品・サービスのイメージキャラクターとして
  3. ③キャンペーン・イベント等での活用
  4. ④海外向けガイド・マニュアルでの起用
  5. ⑤その他(          )
◆キャラクターの活用シーンは?
  1. ①スマホ、パソコン
  2. ②イベント・キャンペーンなどでのディスプレイを使っての展開
  3. ③ポスター・冊子・パンフレットなど紙媒体で使いたい
  4. ④その他(          )
◆静止画それとも動画ですか?
  1. ①動画
  2. ②静止画
  3. ③その他(          )
PAGE TOPへ